【大学院進学でわざわざ上京した理由~1流になるには、やっぱり1流の環境じゃないと!~】

深夜の羽田空港からこんばんは☆彡。

誰も居ない空港駐車場からお届けを致します。し~んと静まり返った駐車場は、心が澄み渡りますね。

今日は地方独学受験生から戴いた、ある1つの質問についてお答えをしたく思います。

DSC06542.JPG

大学院進学というのは、けっこうマイナーな事なのか、有益な情報を探すのはなかなか難しいようですね。

インターネットで情報収集していると、意外と独学受験生多し。特に地方大学卒業を控えた大学4年生と、進路を具体的に考え始めた3年生の方から、以下の質問が多い印象です。

【質問】“私は○○県の中堅大学の4年生です。学部では手の届かなかった国立大学大学院の受験を考えているんですけれど、地方大学の私は大学名で切られますか?やっぱり内部進学者が有利ですか??”

大学院進学で、いわゆる名前が通った大学の進学を希望する事は地方の大学生にとったら将来を見据えたキャリアアップの為には普通の事なのですが、実際のところどうなのかがとても気になるところですよね。

そこで、このブログで責任もってお答えいたします。

私の経験を踏まえた答えは以下です。

【ZAKKY解答】“大学院入試に於いて大学名で不合格になる事は絶対に無い!入試の成績が相対的に上位であれば、他大学受験者であっても偏差値なんか関係なく、必ず合格出来る!”

です。

これを言いきります。

出身大学の偏差値なんか関係ありません。

入学試験の成績と、研究計画書・志望理由書の精度の高さで合否が決まります。

ただ、内部進学者が有利か否かと言われれば、そこは大学内の”情報”という面ではやはり有利に働くと思います。たとえば”□□教授の最近の研究分野は△△だ。”とか”●●教授は、××といった表現を好む。”とかです。学部で授業やゼミで教授と触れ合っている学生は情報戦の面では、<効率的な準備>の面では有利かもしれません。

ですが、大学院入試は本当に平等に判断されているので、いくら内部のゼミ生だからと言って成績が悪ければ当然に落ちます。ゼミの教授からの推薦があろうが何だろうが容赦なく不合格です。私が居た早稲田大学でもそういう学生を沢山見ました。

そして、研究大学院の場合はその不合格原因の殆どが<英語>の出来で決まっています。

実務家養成の専門職大学院の場合に於きますと、志望理由書や研究計画書といった小論文で論理的に稚拙だったり、ただ大学のブランドネームを取りに来た感がある受験生は当然不合格になります。

自分がどの大学院に行くというよりも、<大学院に進学をして具体的に何をしたいのか、自分の価値を何の研究成果でもって高めるのか、そして何よりも、それが世の中を良くするためにどれだけ効果があるのか>を自分の中で腑に落としておくべきです。

“またお決まりの意識論かよ~~”と思われる方もいらっしゃると思いますが、これは本当に大事な事だと思います。曖昧な目的からは曖昧な成果しか出てこないですし、ライフル狙撃の様に目的が集約されて、目標が明確であればある程にその達成具合は飛躍的に高まります。

また、地方大学から都内の有名大学院へ行き<大学ブランド>を獲得する事を“学歴ロンダリング”と人は揶揄するけれども、俺はどんどんすれば良いと思っている。

やっぱり世間一般で名が通っている大学院は教育レベルも当然に高いし、教授陣も層々たるメンバーだ。

1流大学になればなるほどに、人の上に立ってリーダーシップを発揮して強い影響力を持つような教育がなされます。

だから、貴方が地方大学で燻っていて都内の大学院に進学したいというのであれば、大いにすれば良いと本音で思います。

都内に出て来れるなら、同じ研究をするのでも、それなりな大学で研究するよりも1流大学で研究した方がクオリティは高まるよね。(※ここまで言っちゃうと正直引けを感じてしまいまっすが、事実だと思います。)

都内の名が通った大学院に進学できる環境があるのなら、絶対そうした方が良い!!

SONY DSC

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中